札幌市近隣都市対応の新陽税理士事務所

札幌 東西線西28丁目駅から徒歩5分

新陽税理士事務所の
会社設立・創業融資サポート

運営:新陽税理士事務所(吉田匡税理士事務所)

無料
お問い合わせ

011-676-6366
(平日9:00~17:00)

お問い合わせフォーム
はこちら

スタッフのご紹介

税理士 吉田 匡(よしだ ただし)代表税理士 吉田 匡(よしだ ただし)

1980年(昭和55年)11月生まれ
北海道苫小牧市出身、苫小牧南高等学校卒業
小学校から高校まで野球部に所属(松坂世代です)
昔は巨人ファン、今は日ハムファンです
現在は西区西野に住んでいます
血液型はB型ですが、人に言うと意外がられます

資格
税理士 日商簿記1級
好きな書籍
元スタバ、岩田松雄さんの本(経営者として共感!)
神田昌典さんの本(最初、衝撃でした)
好きな映画
スパイダーマン、バックトゥザフューチャー
好きな食べ物
焼き鳥、お刺身、居酒屋メニュー
好きなお酒
ビール、日本酒(100種類以上は飲んだかと)
好きなマンガ
ONE-PIECE、ドラゴンボール
座右の銘
何事もなせば成る
ブログ
着物税理士 吉田匡のブログ
公式アカウント

facebook

twitter

instagram

セミナー実績
  • 2014年11月17日(月)
    上笑会(士業向け勉強会)にてWebマーケティングの事例紹介をしました。
  • 「120分であなたの事務所売上10倍を目指す営業エッセンスセミナー」ゲスト講師

私も一創業者。何もないところからのスタートでした。

初めまして。新陽税理士事務所の吉田匡(よしだただし)と申します。1980年(昭和55年)に白老町に生まれ、その後まもなく苫小牧に移り住みました。
詳細な自己紹介は公式ページをご参照いただければ幸いです。
公式ページ「スタッフのご紹介」

独立前のサラリーマン時代、約10年の実務経験を積み、税理士としての業務は一通りできるようになりました。そして2012年1月に税理士として独立開業。その当時は関与先2件、年間売上見込40万円からのスタートです。当時31歳でした。

「これからたくさんお客さんを増やしていくぞ~!」とやる気に満ち溢れる開業だったのですが、開業前に約束していた案件がことごとく振られます。大人の事情とは非常に怖いものです。

まずは売り上げを作っていかなくてはいけない。税理士といえども生活がかかっています。私が行った取り組みを紹介しつつ、自己紹介と代えさせていただきます。

異業種交流会に参加し、主催者から説教を受ける

誰でも考える方法として、異業種交流会に参加してお客さんを獲得しようと思いました。しかし、私は元々営業が苦手でした。1対1で話すのはいいのですが、大勢の場で話すのが苦手。自己開示することができないし、口もうまくない。そんな状況で50人以上の規模の異業種交流会に参加しました。

交流会に初めて参加すると他のメンバーはみんな仲良し。会話も弾んでいます。私はというと全然話しかけられもしないし、話しかけてもらっても会話が続かない・・。正直つまらないと思いました。3か月後にまた交流会に参加し、二次会に誘われました。行きたくなかったので断ったら、交流会の主催者から「ちゃんと毎月来ないとお客さん見つけられないよ」「二次会、三次会までいかないとダメだよ」と説教をされました。

31歳のいい大人が説教をされ、参加した交流会が悪かったといえばそれまでですが、なんかもういいかなと若干投げやりに思ってました。

とうとう資金が尽き、会社員に戻ることも考える

異業種交流会に参加しなくなり、知り合いの紹介案件だけで少しずつお客様を増やしてきました。本当に少しずつ、少しずつしかお客様は増えていかなかったです。まだ全然固定費すら賄えない状態です。どんどん赤字が続きお金が減っていきました。

お金を稼ぐのは難しいけれど、無くなるのは一瞬。

創業当初は借金をしていましたが、その借金も固定費の支払いに消えていきました。とうとう資金が残りわずかになり、来月の支払いも怪しいなという状態まで陥りました。この時はさすがに夢も希望も無かったです。自分に営業力がないのをわかっていて独立したのですから自業自得なのですが。

しかし、1つ希望がありました。WEBからお客様を獲得しようと考えていて、ホームページを立ち上げていたのです。異業種交流会がダメで紹介案件も突然には増えない。もうWEBに賭けるしかなかったのです。

元々書籍などではマーケティングの勉強はしていたものの、なかなか結果が出ずにいました。ここである運命的な出会いがあり、もう一度一からマーケティングについて死に物狂いで勉強しました。

結局お客様にとってはどの税理士も同じように見えている

私の行きついた結論はここです。結局私がどんなに税務知識を持っているかなんて伝わらないし、税理士であれば税務はできるのは当たり前です。

私は自分をもっと知ってもらうために情報発信をしました。まず自分の棚卸をして自分の良いところや強みを洗い出しました。お客様の声を聞き、自分がわかっていない強みに気づかされました。それを名刺やホームページ・ブログなどに載せたところ大きな反響がありました。

お客様が一人増え、また一人増え、いつの間にか毎月お問い合わせいただけるようになりました。そのときに何となく「もうサラリーマンに戻らなくてもいい」と思えるようになっていました。これが開業から1年3か月くらい後の話です。1年以上もの間、廃業の恐怖に押しつぶされそうでした。レベルの低い話でしたが、本当に今でもこの経験は役立っています。

それからWEBマーケティングに力を入れ、今では顧問契約の65%はWEBからご縁をいただいたお客様です。また、単発決算や確定申告、相続税の申告など含めればWEBからのお客様は80%くらいにはなると思います。

2014年にはスタッフも初めて採用し、今ではスタッフ3名が在籍しています。(2015年10月現在)異業種交流会でろくに名刺交換ができなかった自分がここまで変わることができたのは、決して偶然ではないと思っています。

必死になったこと、継続してホームページを見直したり、ブログを書いたり、地味な仕事を繰り返した結果です。つまり、何とかしなくてはという気持ちが行動に現れたことです。

なぜ新陽税理士事務所が会社設立・創業支援なのか?

必死になったこと、継続してホームページを見直したり、ブログを書いたり、地味な仕事を繰り返した結果です。つまり、何とかしなくてはという気持ちが行動に現れたことです。

ここまでお読み頂いた方ならお分かりと思いますが、私自身軌道に乗るまで本当に大変な思いをしました。大変な思いをしたからこそ、今でも油断をせずに頑張れています。

創業の大変さは実体験としてわかっているつもりです。

せっかく独立開業という決意をされたのであれば、私と関わる一人でも多くの創業者がきちんと事業を継続して欲しいと願っています。

また、若い経営者さんともお付き合いが多いので、2012年から新規創業案件を数多く扱ってきています。特に創業融資に関しては既に15件以上サポートさせていただいております。

私は社会貢献とか経済活性化なんておこがましい気持ちはありません。
たった一人、新陽税理士事務所が良いと思ってご依頼いただいた方には、全力でサポートさせていただきたいと思っています。

私も皆さんも人生が限られています。もうあっと言う間に今の年齢になっていますよね。ご自身のやってみたいこと、目標に近づけること、それを信頼できる税理士事務所と歩んでいっていただきたい。それがもし新陽税理士事務所であれば嬉しい限りでございます。

新陽税理士事務所の価値はお客様が何でも気軽に相談できること

税理士 吉田 匡(よしだ ただし)新陽税理士事務所には、私と志を同じくするスタッフしかいません。私の考えもホームページやブログにも書いていますし、スタッフも見てくれています。面接時にもそのあたりのことが合致しないと採用しておりません。

税務会計についても税理士事務所としては当たり前のことですが、納税予測、部門別管理、節税のご相談、その他経営のご相談などしっかりとさせていただいております。税務申告だけできていれば税理士としての仕事は終わるかも知れませんが、それだけではなくお客様がお気軽に相談できるように、親身になってサポートさせていただきたいと考えております。

お客様が何でも気軽に相談できること。

それが新陽税理士事務所の価値だと思っていますし、私たちはそこを追求しています。

新陽税理士事務所の価値はお客様が何でも気軽に相談できること

実際にご契約後にお客様と対応させていただくのは弊所スタッフになりますが、税理士吉田にもお気軽にご連絡ください。お客様にご提供する週一メルマガは私自身が書いていますし、私宛には、メール・LINE・Facebook・チャットワーク・ブログ・Twitter、あらゆる手段で連絡やコミュニケーションが取れます。

私も一経営者なので、お客様にお会いする頻度は少ないと思いますが、お友達感覚でつながっていただければ私も嬉しいです。その他のお悩みなどあれば是非お気軽にご連絡いただきたいと思っています。

新陽税理士事務所とご縁のあったお客様1人1人が「新陽税理士事務所に頼んで良かった」と思っていただけるように、私たちは全力を尽くします!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

あなたとお会いできる日を楽しみにしております。

税理士 吉田 匡(よしだ ただし)

税理士 児玉 美由紀(こだま みゆき)税理士 児玉 美由紀(こだま みゆき)

1983年(昭和58年)5月生まれ
北海道札幌市出身

資格
税理士 日商簿記1級
好きな動物
ぽっちゃりした猫
好きな食べ物
和食(特に真薯のお吸い物)
ゴルフのベストスコア
120

はじめまして、新陽税理士事務所の児玉美由紀です。
25歳から税理士事務所で勤め始め、業界歴は8年目になりました。
若年の女性税理士ですが、これまでに個人事業主や普通法人を始め、医療法人、連結法人、協同組合などの特殊な法人や売上数十億規模の会社を含めて100社以上の経営者の相談を受けてきました。

新陽税理士事務所は、お客様との距離がとても近いです。
創業からお付き合いしている会社が多いので、売上が上がったり上がらなかったりを、一緒に喜んだり悩んだりしています。

税理士 児玉 美由紀(こだま みゆき)また、代表の吉田の年齢が若いからなのか、しばしば「親しみやすい」「自分の思っていた税理士のイメージと違う」とも言われます。

私は、税理士事務所に全てを丸投げするよりも、会社が自分で数字が把握できるような体制を整える方が、その会社のためになると考えています。
そのため、申告業務はもちろん、経理の初期指導、納税予測・事業計画の作成なども行っています。
時には厳しいとも言われることもありますが、本気で経営している方と、私も本気で向き合いたいと考えております。
お客様から「新陽税理士事務所にお願いして良かった」と感じてもらえることを目標として、日々対応しております。

税理士 新井田 昌利(にいだ まさとし)税理士 新井田 昌利(にいだ まさとし)

1975年(昭和50年)2月生

北海道二海郡八雲町出身

資格
税理士、日商簿記1級
趣味
料理(下手の横好きを追及してます。)

はじめまして、新陽税理士事務所の新井田昌利と申します。

私は大学卒業後民間企業に就職していましたが、一念発起して税理士を目指すことにしました。28歳の時です。それまで経理はおろか簿記もかじった事もありませんでしたので文字通りゼロからのスタートでした。幸いにも妻の理解を得ることができ、税理士資格取得に専念し、晴れて平成20年12月に官報合格となりました。おかげで妻には今でも頭が上がりません(笑)。平成20年から札幌市内の税理士事務所に2か所勤務し、平成24年11月に税理士登録をしました。前職のお客様からは、レスポンスが早い・相談しやすいと言っていただけたのが一番嬉しかったです。

本気で経営を行っていきたいと考えているお客様を全力で応援するという方針に共感し、この度、新陽税理士事務所の一員となりました。新陽税理士事務所は、代表の吉田とお客様、弊所スタッフとの距離が近く、敷居の低い相談しやすい事務所のように感じています。

税理士 新井田 昌利(にいだ まさとし)お客様にとって、新陽税理士事務所が人生の大事なパートナーの一人と思っていただけるようになれば幸いです。経営や税務に対する不安を少しでも取り除き、私たちが関わる全ての方の人生がより良くなっていただきたい。大風呂敷を広げるようですが、私たちは常にそう考えています。そのためには時に厳しいアドバイスをさせていただくこともあるかと思います。

私たちの職業は、申告書や決算書など一部の書類を除いて、形のない・目に見えないサービスを提供することです。ですから、そこには心がこもっていないとならない。新陽税理士事務所では所長、スタッフが一丸となって心のこもったサービスを行っていきます。

今すぐ問い合わせる

無料お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせの場合

TEL 011-676-6366(担当・吉田)

Page Top